「シンクロ的オールナイトニッポン」社内ラジオのススメと番組作成ノウハウをご紹介

社員コラム | 2020-07-30

シンクロの久野です!

以前、シンクロ流リモートワークの記事でもご紹介しましたが、弊社ではリモート勤務が増えてから、コミュニケーション強化のために始まった雑談タイム「おやつタイム」があります。

その「おやつタイム」を使って、毎週火曜日に「クノアンナのオールナイトニッポン」という社内ラジオの放送をしています。
今回はラジオの一部をチラ見せしつつ、番組作成のノウハウをお伝えします。

クノアンナのオールナイトニッポンとは??

毎週火曜日の30分間、社内メンバーに向けにzoomでラジオ配信するというもの。

ラジオ配信中の様子(中段・左がDJ久野です)

番組内容は、メンバーへ突然電話をかけ、強制的に出演してもらったり、zoomのチャット機能をTwitterに見立て、リアルタイムに発言してもらうなど、社員参加型の放送となっています。

代表西井は2ヶ月先のスケジュールも埋まっているほど多忙ですが、録音音源を必ずチェックしてくれ、番組の隠れファンです。

▼放送の大枠の流れはこちら
・今週のテーマを解説
・テーマに沿ってリスナー(社内メンバー)に電話インタビュー
・インタビュー内容に合わせた楽曲を配信

こちらは、放送初回の様子。 突然スタートしたラジオ放送に「何が始まったの?」と社内メンバーが困惑気味だったのを忘れません。

突然始まったラジオ配信に、戸惑うメンバーたち…

なぜはじめたか

自粛が長引くにつれ、社内の雰囲気がどんよりとした時期がありました。
少しでもみんなに明るい気持ちになって欲しい、私に何かできないかと、考えたことがきっかけでした。

背景画像も設定して「なりきる」のがポイント

最初は即興ラップで悩みを打ち返す企画なども考えたのですが、高度すぎるため断念。
ラジオ形式であれば、メンバーの悩みを聞けるし、曲を流すことで、さらに明るい気持ちになってもらえるかもと思い、ラジオ配信をスタートさせました。

そんなシンクロ的オールナイトニッポンも開始から7回ほど続いています。
ここからは放送を重ねて培ったノウハウをみなさまに(勝手に)お届けしますー!

ノウハウ1 |最新曲・テーマにあった曲でプレイリストを作成しよう

ラジオといえば音楽ですね。毎週1曲目は注目曲や新曲をかけていきます!
その他にも、BGM音、その週のテーマに沿った曲、エンドロールに流す1曲など、毎回選曲して、プレイリストを作成しています。

(例:6/17のプレイリストはこんな感じです)

電話インタビュー後にはできる限り、その内容にあった曲を流したいので、曲は多めに用意。
メンバーの回答を想像しながら選曲するようにしています。

ノウハウ2|毎週の「テーマ設定」は簡単で答えやすい話題を

リスナー(社内メンバー)が電話インタビューで答えやすいテーマ設定を心がけるようにしています。みんなが注目していそうな話題や、すぐにでも答えられるような話題を題材にすると良いです。

これまで様々なテーマを題材にしました。
答えにくい例・・「幸せについて」これは漠然としすぎて、メンバーが回答しづらそうでした。
答えやすい例・・「夏の思い出」「連休の予定」など明確に答えやすいものだとスムーズにいきます。

本番ではリスナー(社内メンバー)にランダムに電話をしていきます。
実際に電話をかけるのではなく、プッシュ音+コール音を使用し、疑似電話をかけています。

電話をかけられる方もけっこうなプレッシャーのようで、この突然のコール音が恐怖だと、メンバーたちはビクビクしています。

ノウハウ3|リアルタイムにも楽しんでもらえる仕組みをいれよう

zoomのチャット機能をTwitterに見立て活用しています。
電話をかけられた人以外とのコミュニケーションがとれないため、放送が一方的にならないよう、チャットを活用して随時ユーザーの反応を拾うようにしています。

(↓は音声のみですが、みんなのチャットを見ながら質問に答えている様子です)

以上、3つのノウハウでした。

こんな感じで毎週火曜日にラジオを展開しているわけですが、
現在私は法人向けに、デジタルマーケティング人材育成サービス「コラーニング」のセールスマーケを担当しています。

BtoBマーケの営業に確変を起こすべく、リスナー参加型の明るく楽しいラジオ形式営業を提供できるよう、日々精進してまいります。

現在、オンライン相談会も受け付けております。コール音を鳴らしますので、テーマは、組織課題や人材育成について、インタビューさせてください。是非お待ちしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
以上、久野でした。

       

Contact