前の記事 12
works

13

オイシックスドット大地株式会社様

vol.4
兼業CMOという価値
半社外だからできること
titleImg.png
安心・安全、そして感動的なおいしさにこだわる食品宅配ネットスーパー「Oisix(おいしっくす)」。同サービスを展開するオイシックス株式会社はCMOとして西井が深くコミットしている一社。同社の設立メンバーでありEC事業を長らくけん引してきた取締役の堤祐輔さんと幅広い課題に取り組んできたこれまでを振り返ります。
profile.png

堤祐輔様 / オイシックスドット大地株式会社 取締役

profile.png

2001年にオイシックス株式会社を創業。2006年から2016年まで主力事業であるEC部門の事業本部長を務め、同サービスの急成長をけん引。現在はアライアンス/ソリューション本部のトップとして、EC事業に並ぶ新規事業の育成に尽力している。

西井:ここまで新規獲得プロモーション、PC・スマホのサイトリニューアル、組織マネジメントとシステム部門の強化について振り返ってきました。前回、これら以外にも私が来てからオイシックスにいろいろと変化があったと堤さんがおっしゃっていましたが、例えばどんなことですか?
:一番重要なのは新たにお客様ファーストの文化が加わったことですね。かつてのオイシックスは左脳的な思考に偏りがちでしたが、西井さんが来てから右脳的要素も含んだお客様ファーストの意識が非常に強くなりました。例えばUX室を作ったり、お客様満足度向上委員会を社長主導で行ったり、社内でカスタマージャーニーって言葉が普通に飛び交っていたり、お客様のロイヤルティを測る指標のNPSをモニタリングしたりとか、すべて以前のオイシックスでは考えられないことです。
西井:それ、社歴が長いある方にも同じことを言われました。もちろん左脳的な思考もマーケティングには不可欠ですが、ユーザー体験を意識することも大切ですよね。
:お客様ファーストの視点は大事にしていたつもりでしたし、自分たちとしては出来ているんじゃないかとも思っていましたが、西井さんに実践方法を教えてもらって、大きく変わりましたね。サイトリニューアルなどで、西井さんがお客様ファーストを打ち出した上で結果を出したので、会社としてもその専門の組織を作ろう、そのための指標を見ていこう、カスタマージャーニーをちゃんと設計しようという流れになっていったんだと思います。
西井:オイシックスは今までも変化し続けてきた会社で、そこが強みでもありますよね。だから私が来たからというより、たまたまオイシックスが会社としてそういうフェーズだったとは思いますけどね。それにしてもUX室って、お客様視点を社内に浸透させる組織ですが、普通の会社じゃ作れないですよね。これも変化を得意とするオイシックスならではだと思います。
:あと、変わったこととして、これは主に経営会議でのことなので現場のメンバーからは見えないのですが、西井さんが来てから経営に良い意味で客観的な視点が加わりました。社内だけではどうしても意見が偏りがちになるので、代表の高島含めて、経営陣は非常に心強く思っていますね。
西井:兼業ですからね(笑)。
:他社とも接点があり、かつ目線が高く、経営全般のイシューに対して、ちょっと違った視点からアドバイスがもらえるんですよね。100%オイシックスの人間ではないけど、でもオイシックスのことを良く知っているって、なかなかない立ち位置ですよね。
西井:そうですね、単なる社外の人間だと、的外れな意見になりかねないですね。数字はもちろん把握していますし、3年もいるので社内のどこにだれがいるかも知っているけど、でも"半社外"っていう今の立ち位置は客観性という価値を出しやすいですね。
:経営会議もそうですし、あと今私が取り組んでいる新規事業の相談にも乗ってもらったりとか、ディスカッションパートナーとしても客観的な意見をもらえて助かっています。高島ともよくフリーディスカッションしていますよね?
西井:定期的に食事に行って、ディスカッションしていますね。堤さんや高島さんをはじめ、オイシックスの経営メンバーってみなさん優秀だから、ただただ一緒に仕事の話をするのが楽しいんですけどね。
:それから、これはまったく予測していなかった副次的な変化なんですけど、西井さんが来てから、おもしろい人たちが入社するようになったとうか、おもしろい人のいる会社にはおもしろい人が集まるんだなと感じています。その筆頭は奥谷さん*ですね。奥谷さんが転職するかもって情報も西井さんがキャッチしたんでしたね。
*奥谷孝司:オイシックスのCOCO(チーフオムニチャネルオフィサー)。良品計画でO2Oアプリ「muji passport」などを手がけたことで知られる。
西井:奥谷さんには昔から親しくしてもらっていて、いろいろなことを教えていただきました。ものすごく仕事ができて、最高におもしろい人がいるから会いに行きませんか?って堤さんを誘って、一緒に口説きに行きましたね。
:奥谷さんも西井さんの兼業っていうスタンスや自分の価値を発揮している姿を見て興味を持った部分はあると思うし、いろんな人が転職を考えるときにとりあえずオイシックスの話を聞きに来てくれるようになりました。
西井:この業界のマーケターの選択肢に入った感じはすごくありますね。
:ありますね。せっかくなので数字も振り返りませんか?
西井:そうしましょう。
:西井さんが来る前、13年度の売上が160億円、昨年2016年度が230億円ですね。うちECがそれぞれ9割くらいでしょうか。
西井:伸びましたね。
:西井さんが来てからの3年で70億円伸びましたね。
西井:たまたま伸びるタイミングに立ち会えました。
:たまたまとは言いますが、この対談で振り返った新規獲得プロモーションもサイトリニューアルも組織マネジメントもまさにオイシックスにとっての正念場でしたから、本当に良いタイミングで来ていただけたと思っています。
西井:そう言っていただけるのはありがたいです。大地を守る会との経営統合やとくし丸の買収もあり、今後はグループとして売上高が大きくなりますね。
:いろんなブランドを伸ばす必要があり、会社としては今後さらに幅広く課題を解いて回る感じになりそうです。ますます西井さんの力が必要になると思っています。
西井:日々新たな課題が出てきますが、オイシックスは経営陣も現場のメンバーも優秀なので、一緒に課題に取り組むと手応えがあるし、何より楽しいです。
:私の新規事業の方も今度またブレストお願いしますね。
西井:ぜひぜひ、食事でもしながらがっつり仕事の話をしましょう。
オイシックスドット大地株式会社様対談
vol.01 組織に根づくPDCA文化が新規獲得プロモーションを成功へと導く
vol.02 お客様のお買い物体験から学びPC・スマホサイトを最適化
vol.03 仕事はすべてお客様のために チームを強くした意識改革
vol.04 兼業CMOという価値 半社外だからできること
検索
PAGE TOP