PRESIDENT Online連載 両足院・伊藤東凌 「人生が変わる禅の教室」第12回公開
「子どもが『学校に行きたくない』と言い出したときに親にできる”人生の話”」

Media | 2022-07-22

プレジデントオンラインにて、InTripの代表取締役僧侶である伊藤東凌氏(両足院 副住職)の連載、「人生が変わる禅の教室」が2021年8月よりスタート。
最新回が公開されましたので、ぜひお読みください。

*シリーズ一覧:PRESIDENT Online連載 両足院・伊藤東凌 「人生が変わる禅の教室」

#11 「月曜日ではないのに月曜日並みにやる気が出ない」そんな人に効く”最強の質問”3つ
人間は、ぼーっと生きているとネガティブに傾きやすい

#10 指示に従わない「くせもの部下」との1対1面談で、一流の上司が最後にする”最強質問”
「人は人の言うことを聞かないもの」という大前提を肝に銘じる

#9 「俺に挨拶してから帰れ」そんな理不尽で寂しがり屋の上司に効く”最強の質問”
なぜそんなことをさせるのですか?と言ってはいけない

#8 「会社で正当に評価されない」そんな不満が募る人に僧侶が勧める”まったく新しいゴマのすり方”
評価されたいなら相手が気づいていないような細かな点を評価すべし

プレジデント記事より:
攻撃的な物言いをする上司、いつも自慢話をする同僚、何かと反発してくる部下……、どこの職場にも苦手なタイプの人がいますが、いくら苦手な人でも、仕事となると逃げたり避けたりすることはできません。そんなときに自分の心を落ち着けるための禅の言葉とは。禅瞑想アプリ「InTrip」をリリースし、話題を集める両足院副住職の伊藤東凌さんに教わりました――。

*シリーズ一覧:PRESIDENT Online連載 両足院・伊藤東凌 「人生が変わる禅の教室」

毎日3分間、自分にやさしい時間を持ちませんか?

InTripは、禅の教えで暮らしにゆとりをつくり、自分と向き合うお手伝いをします。
まるで京都のお寺にいるような本格的な禅体験を、手軽に始めて続けられるのがInTripのアプリの特徴。

「気づく」「ほどく」「しるす」の3つのステップを習慣化することで、忙しい日常から開放され、自分にも他人にもやさしくなれます。
ぜひ、アプリで禅を生活に取り入れてみてください。

◆アプリページはこちら(iOSのみ)
~禅の教えで心をととのえ、ごきげんな毎日をつくるInTrip~
InTrip(禅・瞑想音楽アプリ‪)

InTrip

【禅で変わった私の暮らし】バックナンバー

目指すのは、禅的でシンプルな上質さ。 訪れる人が“問い”に向き合う時間を提供したい(青山敦士さん)
禅は自分へのごほうび、大好きなケーキのようなもの。喜びは「自分の中」にあったのだと気づきました(柳沢晴子さん)
「禅で深まる夫婦のコミュニケーション。子供とも一緒に未来を語っていきたい。」(糸山晃司さん)
       

Contact